工務店で理想の設計・施工を

建設後の保証内容

建設後の保証内容 工務店での建設後には、売買の対象物に外部から容易に発見できなかった欠陥がある場合には、お客様に対して10年間の瑕疵担保責任を負って、無料で修理や交換などを工務店が行う義務があります。保証される部分には、住宅の構造耐力上の主要な部分と雨水の浸入を防止する部分になります。
また、特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保などに関しても法律によって、第三者機関による保険などの供託を事業者に義務付けしていますので、万が一の場合に事業者が倒産しても修理費がまかなえるようになっています。
そして、地盤のトラブルによって、住宅が損傷した際にも建物や地盤の修復費用が保証されますが、それに加入している工務店を選ぶことが重要となります。
もちろんそれ以外にも、それぞれの工務店でアフターメンテナンスをしているところが多くあり、建設後も細かなメンテナンスを行ってくれたり、構造を熟知した担当者が工具を持参して微調整なども行います。

設計事務所より工務店をおすすめする理由をご紹介します。

設計事務所より工務店をおすすめする理由をご紹介します。 設計事務所より工務店のメリットをおすすめする理由は、TVでコマーシャルを流したり、モデルルームを持っていることがありません。
つまり、広告費・宣伝費がかかっていない分、リーズナブルな価格設定で注文住宅を建てることができます。建築現場との連携も取れていますので、ご相談に合わせた柔軟な対応ができることもおすすめする理由のひとつになります。
しかし、工務店には設計事務所のようなオリジナリティなプランを発注するのは難しく、その点だけは、頭に入れておいて欲しいことがらになります。工務店はリーズナブルにコストを抑えながらマイホームを自分らしく建てていくことができる素晴らしいサービスです。
また、職人さんによっては技術に差が出ることもあるので、工務店を選ぶ際は慎重になっていただきたいと思います。建つ家が技術の差によって異なり、自分の思い描いていたものと違ったということにならないためにも下調べをするなどの前準備が必須になってきます。